スワガット デリー


おしゃれインドの提言


 インドに4年暮らしてみて、インドの生活にすっかり魅せられてしまった私は、
ここで、おしゃれインドの暮らし方の提言をしたい。
「汚い、臭い、貧しい」マイナスイメージのインドですが、実際暮らしてみると
非力な日本人の私にだって、小粋でおしゃれなインドの生活が楽しめることがわかります。
(だれですか?無敵の駐妻なんていう人は?)

5千年の歴史と文化を持ち、日々ゆっくりながらも新しい発展を生み出しているインド。
古き良き時代や、イギリスの植民地時代の影響を色濃く残し、
時代から取り残されてしまったような気の遠くなるような手作業や、
インド独特の色彩感覚や工芸品が、今、とても新しく素敵に見える。

今の時代、モノはあふれるばかりに身の回りにあり、
このたくさんのモノに囲まれて身動きの出来ない私たちの暮らしだが、
ここインドも、日々、物資は増え、お金さえ出せば何でも手に入るようになってきた。

しかし、こうした消費生活だけが、豊かな暮らしとはいえないことを、今は誰もが知っている。
古いものを慈しんだり、膨大な時間の手作業の暖かさをいつの間にか失ってしまったことへの危惧も感じている。
このサイトでは、私が住むインドの身の回りにある生活用品や、住まい方、暮らし方、旅などを通して、
本当意味でのインドでの豊かな暮らし、自然な時間の流れる暮らしを提言していきたいと思います。

日本では考えられないような無駄な時間も費やすでしょうし、能率もことごとく悪いでしょう。
インドでの生活のスピードはいやおうなくシフトダウンしていくことでしょう。
しかし、そうした生活の中に、いままでは、見えてこなかった、感じなかった暮らしが
見えてきたら素敵でしょう?

インドで暮らすことは何も特別なことではありません。
スローライフの暮らしの中に自然で豊かで、そして少し優雅に、時にリッチな暮らしを楽しみたい、
それが、私の目指す「おしゃれインドの提言」です。

あなたも、ぜひご一緒にインドの香りと、風と、感触を楽しんでください。

▼YUKKEの提言▼

提言その1 サリーで帯を作る

提言その2 ブリンダのドレス

提言その3 ショーバのビーズバック

提言その4 ハンディークラフトフェアー2003年秋レポート

提言その5 インド雑貨ライブラリー

提言その6 おしゃれインド旅

提言その7 インドコロニアルスタイルの家に住む

提言その8 インド雑貨と暮らす(TOKYO編)

提言その9 マダムFのこだわり