ラルワリ先生のインド料理

インドのパンの作り方とバリエーション


チャパティ CHAPATTY
チャパティーはインドの主食のパン。全粒分の小麦粉で焼き上げます。これが焼けなきゃ嫁には行けぬというほどです。

材料
薄力粉 (Maida)     1カップ
強力粉 (Atta)      1カップ
水              100cc(加減を見て調節)
塩              少々                                         

作り方
@薄力粉と強力粉を半量づつに、塩少々を加え、加減を見ながら、水を加えて、良くこね、ひとまとまりにする。
Aゴルフボールくらいに丸めて、強力粉を手粉にとり、直径12センチくらいに薄く延ばす。
Bフライパンを熱し、伸ばしたAを焼き、膨れてきたら、軽く押さえ、両面に軽く焦げ目ができる程度に焼く。(この時、油はひかない)
C焼きあがったら、片面に小さじ1のサラダオイルを塗る。
チャツネは、インドの薬味。ココナッツパウダーにミントやチリ、スパイスを入れて作ります。軽い朝食は、チャパティーにチャツネをつけてチャイ(インド式ミルクティー)を添えればできあがり。ここではもっともスタンダートなミントの葉のグリーンチャツネを紹介します。
材料:ミントの葉10本、コリアンダーの葉10本、グリーンチリ2本、 にんにく・生姜ペースト小さじ1/2
作り方:すべてを、1〜2分フードプロセッサーにかけてペーストにする。(南インドはココナッツパウダーも入れる)
カティー・ロール KATHI ROLLS 10個分 
カティー・ロールは、タンドリーチキンやイラニ・カバブをチャンパティーで巻いて、トマトケチャップ、ミントチャツネをつけていただくアレンジ料理です。

材料
チャパティ         10枚
卵              3個
牛乳            大さじ1
サラダ油          小さじ1(チャパティー1枚につき)
玉ねぎ  (大)      2個
レモン汁          1/2個分

タンドリー・チキンもしくは、イラニカバブ       1人分
ミントチャツネ、トマトケチャップ
                                         

作り方
@フライパンを熱し、サラダ油をひく。
A卵をときほぐし、牛乳を加え、チャパティーをくぐらせ、あたためたフライパンで焼く。
B玉ねぎを半月の薄切りにスライスし、水にさらし、レモン汁をかけておく。
Cタンドリー・チキン、イラニカバブをほぐす。
D焼けたチャパティーに玉ねぎ、タンドリーチキンもしくはイラニ・カバブをのせ、クレープのように巻いて、トマトケチャップ、ミントチャツネを添える。


パラック・プーリー
チャパティーの生地を油で揚げて、ふっくら膨らませたのがプーリー。
ほうれん草(パラック)のペーストを混ぜて、緑色のプーリーを作ります。栄養満点でカリーとの彩りもきれいです。

材料
小麦粉 (全粒紛)              1カップ
ほうれん草の裏ごし            1束分
塩                       少々
揚げ油                                          

作り方
@ほうれん草を茹でミキサーにかけてペースト状にする。(水少々を加えるとなめらかに仕上がる。)
A小麦粉、@のほうれん草、塩、水少しづつ加えよく混ぜ、堅めにこねてまとめる。
B生地を小量取り、生地がくっつかないように、少々の油をつけながら、直径5センチくらいの丸に伸ばす。(厚さ3mm程度)
C熱した油に入れると膨らむので、フライ返しなどで、軽く押さえながら色よく揚げる。



パラータ  Parathas
パラータは、グレイビーなカリーと共に食べるインドのパンの一種です。全粒紛か小麦粉で作られていて、プレーンなタイプやなかに野菜、ひき肉、ツナなどを詰めてのばしたものもあります。

材料
小麦粉            2カップ
塩               小さじ1
冷水              適宜

詰め物(フリンジ)
ジャガイモ       茹でてあら潰しにし、コリアンダーの葉のみじん切り
              塩、クミンパウダー少々。(好みでチリ少々)
大根           すりおろして、水気を絞り、塩、チリパウダー少々。
グリンピース      茹でて、あら潰しにし、塩、チリパウダー少々。
パニール        あら潰しにし、みじん切りの玉ねぎ、みじん切りのミントの葉
鶏ひき肉         乾煎りしてから、みじん切りの玉ねぎ、チリパウダー少々。
魚(ツナ)        鶏肉に同じ。


作り方
@チャパティーの作り方を参考にし、ゴルフボールくらいに丸めた生地を手のひらで餃子の皮くらいに広げ、それぞれの詰め物をのせ、饅頭のようにまとめる。
A手粉(記載外:小麦粉)をつけて、チャパティー台に乗せ、綿棒で、チャパティー同様に引き伸ばし、フライパンで両面を焼く。

※親日家のラルワニ先生は、大根おろしと鰹節を入れたお好み焼き風パラータがお好き。おしょうゆを少しつけて食べるとおいしいです。


<BACK