スワガット・デリー

YUKKEの面白・不思議発見



〜まじめに史跡見学@ オールドデリー〜


まじめに史跡見学の初めは、
ラクシュミ・ナラヤン寺院、ラージガート、ジャンマーマスジット、
オールドデリーのチャンドニーチョークと、ラールキラー

まじめな私的なお勉強のことは、公開しませんけど、
見学、勉強途中で発見した不思議で面白いもの中心にご紹介


2003年11月10日

これがラクシュミ・ナラヤン寺院です。
ヒンズー教のお寺で、蓮の花の彫刻が見事です。
ラクシュミーのほかに、ヒンズー教の枝葉の先の宗教として、
シク教徒のナナック、ビシュヌの最後の化身として、
ブッタも壁画に描かれていて、
毎度ながら、ヒンズー教は懐が広いのか、ごちゃ混ぜなのか、
理解に苦しむ。今まで行ったヒンズー教寺院で一番きれいだった。

お寺の前の菩提樹の木。ちょうど実がなっていた。
インドボダイジュはヨーロッパのものとちょと違う。
ポプラのように葉の先の茎が長いから風が吹くとヒラヒラゆれて、
風情を感じる木である。
この木の下でブッタが悟りを開いたのだ。

バスの車窓から。
左のおじさんの頭はヘルメットではない。シク教徒のターバン。
ターバンおじさんは、ヘルメット着用をしなくてもいいことに、
インドの交通ルールがなっている。寒いから、おじさんは耳にだけ、
ターバンの上から耳当てをしている。ユニーク!
サルダジーがジョークの種にされちゃう理由がわかる気がする。

ジャンマーマスジット。デリー最大のモスク。
ラマダン中であるが、見学が許される。タージマハールを建てた建築王の
シャージャハーンが作った。
イスラムの教えで、礼拝のためには女性は中には入れない。
見学はできたけど。

スモッグに霞むラールキラー。
ジャンママスジットから見る。

スモッグの原因、花火屋さん。
線香花火はないけど、小粒もある。
大きいのはものすごそう。
サイババの顔つき花火もある。
どういうときに打ち上げるんだろうか?

アーユルベーターの薬局。
天秤で量って調合しているおじさんをハキムという。
ここはモスリムのアーユルベータの薬局だから、動物系のオイルも使うが、
ヒンズー系のアーユルベータは植物だけ。
薬草の入った引き出しが年季を感じる。
あの中に、ハーブが入っているの?と聞いたら、おじさんが引き出しを
開けてくれたが、何とゴキブリが這い出てきてキャーである。
ゴキブリ入りなら要らないよぉ〜。

同じくアーユルベータの薬局に、身長が伸びるアーユルベータの薬。
ネーミングが可笑しい。
この下には、So Slimとかの痩せ薬もあった。
バイアグラならぬ、インドグラというのもあるそうで、
こっちのほうが昔から、ずっと効くぞとガイドさんの話。本当かぁ?

お祭りグッズ屋さん。
派手なレイや、花飾り、モールがキンキラに、ひしめいている
お店が軒を連ねる。
自宅の神像の神様に着せるお洋服セットや冠セットもあって面白い。

レディーメイドのターバン。
なかなか、よくできている。350ルピーは高い。お土産用というわけではなくて、
そろいの楽隊用って感じ。宴会にはいいかも。

手芸や、ビーズを扱うお店。
このあたり一帯にこうした店がひしめく。
スワロフスキーのビーズもあるらしい。スパンコールキラキラで、目がチカチカ。

これは、菱(ひし)の実。ヒンディー語でシンガラ
緑の実を焼いて食べる。

カシミールの緑のチリ(右)と、アマラー(左)。
アマラーは、スターフルーツみたいにシャリシャリした感じの野菜。
チャツネやアッチャル(漬物)にする。

渋滞するオールドデリー横丁の不思議なリキシャ。
何が不思議かって、いつもわれ先に棒寂無人に交通ルールを無視して走る
リキシャが、ジット並んで渋滞に耐えているところが不思議である。
それも、オールドデリーで、このまじめで秩序ある整列。
妙な事に感心してしまうのだか、大通りはめちゃくちゃな交通渋滞である。

インドのラムネ。
5ルピー。ビンごと買いたいといったが、ここで飲めと言うので持ち帰れなかった。
日本と同じようにビー球入り。中身はスイートライム・ソーダ。

怖い!リキシャ。
リキシャに乗って、オールドデリー、チャンドニーチョークを走る。怖いんだよぉこれが。
ちょっとでも後ろの車に追い立てられると、俄然リキシャワーラーがスピードを上げる。
そのたびに、キャーキャーと悲鳴の私。いつひっくり返るとも限らない不安定さ。
「おじさーん、穴ぼこ避けて走ってよぉ。」と穴が前方に見えるたびに叫ぶ私。
オールドデリーを一周で約50ルピー。デブな人が乗ると、降りるときにチップを
さらに要求される。

契約リキシャに相乗りして下校する小学生。これは、中学年だから、6人乗りだが、
一年生くらいだと、あと3人は乗れるので、9人くらい乗っている。
往復契約してリキシャワーラーがスクール送迎。ちびっ子満載で風を切って走るのは、
子どもたちも大好きで、ご機嫌だ。
手には、きゅうりのマサラがけのおやつを持っている。
「ちゃんと座って、けんかする」なとおじさんたちは、かしましいちびっ子に激を
飛ばしながら走る。

ものすごい人気で売れていた大根。
たてに包丁で切込みを入れて、マサラを振り、みんながかぶりついている。
みずみずしい感じ、きゅうりと大根、人参もあった。
これからの季節デリーは野菜と、果物が美味しい季節。

日記へ戻る