印日国交樹立50周年記念切手


50th anniversary of diplomatic relations between India and Japan.


2002年はインドと日本の国交樹立50周年です。
これを記念してインドでは「印日記念切手」が発売されました。
南インド・ケララ州の伝統舞踊、「カタカリ」と日本の伝統文化「歌舞伎」を
対比している大変美しい切手です。
1枚が15ルピーと、海外エアメール向けの価格で高めですが、
16枚で1シート、切手のボーダーには、カタカリと
歌舞伎の化粧の隈取が描かれていて、大変美しいです。
カタカリも歌舞伎も男性だけが演じる舞踏で、ゆったりとした動きや、
目で見栄をを切るのも似ています。
中村勘九郎がケララで交流公演した事もありますね。
インドと日本のとても似ている伝統文化の比較切手で興味深いです。



ミニシート(2枚組み)もあります(↓)




日本でも、50周年記念切手がタージマハールの図柄で発売されました。
詳しくは、インド切手のコレクターで有名な黒崎卓氏のホームページ「南アジア郵趣談義」
詳しく紹介されています。

ナマステ・ムンバイ20000ヒット記念としての特別企画
この切手が欲しい方は、御連絡下さい。
お申し込み多数ありがとうございました。
ごめんなさい。閉めきり前に完売いたしました!



ついでに、郵便局で薦められて買ったラジニカントのMeghdoot Post Card
政府販売の絵葉書にもスーパースター・ラジニは登場しちゃうんですね。(1枚25パイサ)




<<BACK