スワガット・デリー


おしゃれインド旅

湖の古都 ウダイプル ウダイヴィラス



 湖に浮かんだ真っ白な宮殿、レイクパレス。湖畔のメワール朝の藩主マハラーナの宮殿、シティーパレス。レモンイエローの街ウダイプルはとてもロマンティック。マハラジャの中のマハラジャをマハラーナという。ウダイプルの藩主はマハラーナと呼ばれる王様の中の王様。そのゆえんは、潅水事業でもあるピチョラー湖の人口湖の建設であったろう。このピチョーラ湖に浮かぶレイクパレスは、世界の名ホテルとして名高いが老朽化と湿気とカビ臭さで、今は観光名所としては最上のホテルであろうが、滞在ならばインド屈指のホテルチェーンのオベロイが昨年3500万ドルをかけて、シティーパレスの対岸、マハラーナの御陵狩場に建設したウダイヴィラスに限る。
 ウダイプルの空港には、ホテルから深緑のアンバサダーが出迎えてくれる。インドの国産車、趣のあるアンバサダーで、宮殿ホテルへ行くのは夢の始まりを予感する。車内はベージュの革張りのクッションがきいたシート。こんな豪華なアンバサダーに乗るのは初めてだ。車はシティーパレス横の船着場で私たちを下ろし、ホテルのボーイの案内で、ホテル専用のボートで対岸へわたる。なんて素敵な演出だろう。降り立った船着場には樹齢150年ものバニヤンツリーが迎え出る。このアーチをくぐると今度は電動自動車でホテルの正面玄関へ。そのエントランスの広さと美しさに息を呑む。
 メワール朝のブロックプリントのコスチュームをまとったボーイが恭しく出迎えてくれる。目指すは、セミプライベート・プールが付いたスーペリア・デラックスという部屋。チェック・インはもちろん私たち専属のホテルのバトラーがウエルカム・ドリンクを勧めながら客室で。最近の豪華ホテルのチェック・インはとてもスマートなのだ。ジンジャー入りのアイス・フレバリーティーはとても美味しい。
    
深緑のアンバサダーでの出迎え、この桟橋から対岸へ渡る。バニヤンツリーのアーチ。宮殿のようなホテルのたたずまい。




                                     
ラジャスタンキルトのベッドカバーのベッド。湖が見渡せる窓辺にはベンチが。沈む夕日を見ながら熱い紅茶を飲む。


 湖に面した部屋には、5室共有のプライベートプールが張り出している。その向こうにピチョーラ湖。レイクパレスが浮かび、後ろにはシティーパレスが控える最高のロケーションだ。ガラス張りの浴室からもバスタブにつかりながら湖が見渡せるようになっている。オベロイ系のホテルはいつも満足のいく浴室を提供してくれるのが嬉しい。
         
プライベートプールからレイクパレスとシティーパレスを望む。オベロイの小粋な浴室はいつも満足度満点。
            
ラジャスタン・プリントのバスローブも、洗面所のアメニティーグッズも可愛くて、女心をくすぐります。



 ホテルの客室やレストランをつなぐたくさんのドーム型のエントランス・ホール。重厚なドアを押し開けるとブルーや金、銀のドームが豪華なムードをかもし出している。ホテルのブティックの品揃えがとても洗練されていておしゃれだ。こういうインテリアを参考にしてインドコレクションを増やしたくなる。トルコブルーのドームがあるのはバー。デイナーの前には、このバーで、カクテルを軽く飲んでから、ドライ・マティーニがインドの夕暮れに、とてもよく似合う。
          
ドームの豪華さに見とれる。噴水のあるバスルーム。ブルーが基調のレストラン。
ブティックのセレクトのセンスのよさには脱帽。みんな欲しくなるものばかり。



 このホテルの自慢は、インド初のバニヤンツリーのSPAがあること。湖に面したセラピールームでカップルでエステが受けられる。
タイ人のバニヤンツリーのスタッフも揃っていはいるが、アーユルベータのマッサージも受けられる。私は、ここではフェイシャルをうけることにした。オベロイが作った自然食品によるトータル・コース。きゅうり、レモン、サトウキビの黒砂糖シロップ、蜂蜜、そしてヨーグルトのパック。手足のマッサージは、ユーカリプスオイル。
至福の時間を過ごし、蜂蜜入りのカモミールティーで喉の渇きを潤したら、ジムから上がった夫と合流して、1階にあるスチーム・サウナで、再び汗をかく。究極の幸せって感じだ。
   
SPAのは回廊になっている。清潔で豪華なセラピールーム。全身マッサージコースには、ローズバスもある。



 インドの新しい名物ホテルが、続々と出来ている。そのなかでも、これほどのスペースと豪華さを誇るホテルは珍しい。他国のリゾートホテルに遜色なしの大手をかける。ウダイプルの見学はもういらないかもしれない。数日間、湖水を眺めながら、自分へのご褒美としてリッチな休暇を過ごすことに専念するべきホテルだ。
Udaivilas
http://www.oberoihotels.com
Haridasji Ki Marg. Udaipur Rajasthan 313001
91-294-243-3300



  おしゃれインド旅へ戻る